国鉄色・国鉄時代の列車イラスト素材

当サイトのイラストの中から国鉄時代の列車や国鉄色の列車イラストを特集したページです。
その他のイラストはこちらをどうぞ
【保存方法】
・パソコン・・・・右クリックして「名前をつけて画像を保存」
・スマホ・・・・長押しして「画像をダウンロードする」または「イメージを保存する」
投稿は普通の写真と同じです。ネット上で動く画像です。パソコン内では1コマ目だけが表示されます。

0系新幹線 ひかり・こだま 動く画像

1964年から1986年まで38次にわたり、改良を重ねつつ総計3,216両が製造された。世界ではじめて200 km/h を超える営業運転を達成し、航空機に範をとった丸みを帯びた先頭形状と、青と白に塗り分けられた流線形の外観で、初期の新幹線のイメージを確立した。
1964年の開業から、東海道・山陽新幹線用として足かけ44年にわたって運用されたが、2008年11月30日に定期営業運転を終了、翌月2008年12月14日のさよなら運転をもって営業運転を終えた。
0系新幹線イラスト
走る0系新幹線のイラスト素材
0系新幹線イラスト雪
雪と0系新幹線 イラスト素材

200系新幹線動く画像

200系は、1982年の東北新幹線および上越新幹線の開業に合わせて、962形試験車を基本として量産化され1980年に発表された。100系(1985年登場)よりも発表が早いにもかかわらず系列・形式番号が200系と大きいのは、200系の登場当時の付番体系が、東北・上越新幹線系統の車両の百の位には偶数を、東海道・山陽新幹線系統の車両の百の位には奇数を与えるようなものだったためである。1980年から1986年にかけて688両が製造された後、民営化後の1991年に二階建て車両12両が追加製造され、総製造数は59編成700両である。
200系新幹線イラスト銀杏
銀杏並木と200系新幹線
200系新幹線イラスト
200系新幹線 GIFアニメーション画像
200系新幹線
街を走る200系新幹線

列車の塗装には、いわゆる国鉄色と呼ばれる塗装色があります。
↓ウィキペディア国鉄色の項目から


 湘南色115系電車

115系は、寒冷地区・急勾配路線での運用を目的にした近郊形車両で1963年から1983年まで改良を重ねながら1,921両が製造された。
1987年の国鉄分割民営化時には計1,875両がJR東日本・JR東海・JR西日本に承継された。
その後は老朽化や後継形式への置換えにより0・300番台車の多くは廃車となった。またJR東日本からしなの鉄道へ33両、伊豆急行へ27両が譲渡された。2012年3月末現在ではJR東日本・JR西日本・しなの鉄道で970両が残存する。緑とオレンジのカラーは湘南色と呼ばれる。
115系電車
富士山と旧東海道本線 国鉄湘南色115系
両毛線国鉄色イラスト
桜並木と115系国鉄色電車
115系イラスト
115系電車が走るイラスト素材
鯉のぼりと電車
富士山とこいのぼりと旧東海道本線115系

紫陽花と115系電車
GIFアニメーション画像フリー素材
イチョウ115系
イチョウ並木と115系 秋のイラスト

街を走る115系電車のイラスト
国鉄色キハ66形 普通電車
キハ66形国鉄色電車
ひまわりとキハ66国鉄色電車イラスト素材
キハ66形国鉄色電車
キハ66形国鉄色電車 GIFアニメーション画像 イラスト素材
キハ66形国鉄色電車
桜と菜の花 キハ66形国鉄色電車 イラスト素材フリー素材
静止画イラスト
キハ66形イラスト国鉄色

キハ66形イラスト国鉄色

キハ66形イラスト国鉄色

485系特急電車183系189系185系489系583系含む

注)183系189系185系489系583系は、外見上非常によく似ているので、細部を簡素化したイメージイラストではいっしょに扱っています
特急色
485系電車とは
交流直流両用の特急型電車
485系列は1979年(昭和54年)まで製造が行われ、四国を除く日本各地の特急列車に投入された。当初は主に東京・大阪・名古屋などの大都市圏と交流電化された東北・北陸・九州方面直通特急で、山陽・東北・上越の各新幹線開業後は新幹線連絡特急などで運用された
1990年代以降では団体専用列車用ジョイフルトレインへの改造も施工された。しかし新幹線の延伸開業などによる運用の減少・老朽化・後継系列の置換えにより廃車が進行し、2016年4月現在で他系列への改造車を除くと定期運用が存在するのはJR東日本のみであり、定期運用が終了したJR西日本は全車廃車。JR九州では波動運用対応車のみが車籍を有する。
引用 ウィキペディア

485系電車
485系ひたち 走るイラスト GIFアニメーション画像

280ピクセル 485系走るイラスト
485系特急イラスト
秋の電車イラスト 485系 背景透過
ひたちイラスト
485系特急走るイラスト 背景透過
海485系電車
海辺を走る485系GIFアニメーション画像
コスモス485系電車
コスモス畑と485系特急電車
GIFアニメーション画像フリー素材
485系イラスト
森を走る485系電車 国鉄色
桜485系
桜並木と485系電車のブログ素材
GIFアニメーション画像

◆485系特急MIDORI EXPRESS過去鉄

1976年から2000年までは485系電車が充当されていた。1990年以降JR九州は自社所有の485系について、外装を赤一色にするなどのリニューアルを行い、「みどり」の車両に関しても「MIDORI EXPRESS」として同様の措置が取られたが、列車名と塗色が一致しなかったことから「赤いみどり」の俗称が生まれた。なお、485系は定期列車からの撤退後も2006年までは臨時列車の一部に充当されていた
MIDORI EXPRESSイラスト素材
郊外を走るMIDORI EXPRESSイラスト素材
MIDORI EXPRESSイラスト素材
MIDORI EXPRESS冬の風景
GIFアニメーション画像
MIDORI EXPRESSイラスト素材
桜とMIDORI EXPRESS
ライン型イラスト素材
MIDORI EXPRESSイラスト素材
街を走るMIDORI EXPRESS
ライン型イラスト
MIDORI EXPRESSイラスト素材
雨の中を走るMIDORI EXPRESS 485系

481系国鉄色ボンネット型特急電車

外観は151・161系→181系の流れを踏襲しており、先頭部は同様のボンネット型を採用した。
1964年に481系登場、1965年に489系登場。
481系イラスト
481系特急電車 背景付GIFアニメーション画像
481系GIFアニメーション画像
481系走る特急 GIFアニメーション画像 ライン型素材

寝台特急「月光」581系 583系

国鉄583系電車は、国鉄が設計・製造した動力分散方式の交直両用特急形寝台電車。最初に投入された列車愛称にちなみ月光形電車の呼称がある。
1967年に電動車が直流・交流60Hzに対応する581系が落成、翌1968年には電動車が直流・交流50/60Hz対応の583系となった。
それ以前の国鉄特急形電車がボンネット形の先頭形状と低い屋根による速度感の強い外観だったのに対し、本系列は寝台スペースの確保のためにほぼ車両限界いっぱいまで広げられており車高が高く、車体側面を垂直とし国鉄特急形電車としては初めて前面貫通路が設置された。
月光581系
富士山と三日月と「月光」581系イラスト素材
月光581系
イチョウ並木と寝台特急「月光」イラスト素材
寝台特急月光イラスト
イルミネーションと寝台特急「月光」イラスト素材

京都の春 桜と寝台特急「月光」イラスト素材

街を走る寝台特急「月光」イラスト素材
583系
雪のイラスト 寝台特急「月光」イラスト素材

雪の街を走る寝台特急「月光」イラスト素材

九州鉄道記念館に展示されているクハネ581
寝台特急「月光」

国鉄色の機関車イラスト素材

貨物列車のイラスト素材DD51形牽引

★DD51機関車とは
DD51形ディーゼル機関車は、国鉄によって1962年から1978年にかけて製造されたディーゼル機関車である。
桜と貨物列車
GIFアニメーション画像 春 桜並木
貨物列車DD51が走るイラスト素材
DD51紅葉
紅葉の山の背景 貨物列車DD51牽引が走るイラスト素材
DD51
街を走る貨物列車DD51牽引 イラスト素材
DD51
夜の街を走るDD51牽引貨物列車
DD51銀杏
イチョウ並木とDD51牽引貨物列車イラスト素材

ED76 1020電気機関車牽引貨物イラスト素材

ED76形について
国鉄が1965年から製造した交流用電気機関車です。
国鉄時代はブルートレインや他社から乗り入れてくる臨時列車の牽引に使用されていましたが、客車列車の減少に伴い、所要数は漸次減少していき、
最後まで残存した定期運用は寝台特急「富士・はやぶさ」でした。しかし2009年3月14日のダイヤ改正で同列車が廃止され、寝台列車への定期運用が消滅しました。現在では、JR貨物の気動車として、九州一円で主力機として運用されています。
ED76-1020
ED76 1020電気機関車
EF81とED76電気機関車と貨物列車の動画
ED76電気機関車
街を走るED76 1020電気機関車と貨物列車のイラスト素材
ED76電気機関車貨物
森を走るED76 1020電気機関車と貨物列車イラスト素材
ED76電気機関車
桜並木とED76 1020電気機関車と貨物列車
ED76電気機関車
冬のイラスト素材ED76 1020電気機関車と貨物列車
ED76形電気機関車が牽引するブルートレインのイラスト素材はこちら

EF81 500番台機関車牽引貨物列車のイラスト素材

EF81形機関車は1968−1992年に製造されました。
異なる方式で電化が進捗した日本海縦貫線において、50Hzおよび60Hzの交流電化区間と直流電化区間を直通して走行できる三電源方式の電気機関車として開発されました。
本形式の総製作数は164両に達し、前述の性能の問題はあったものの、汎用性の高さと後継機開発の遅延もあって1990年代まで全機が使用されてきました。しかし、JR旅客各社の夜行列車等の客車牽引用途においては、2014年3月ダイヤ改正の寝台特急「あけぼの」廃止により本形式を常用する定期列車が消滅し、隔日運行を行っていた臨時寝台特急「トワイライトエクスプレス」も2015年3月ダイヤ改正を以て廃止されたことで、活躍の場をほぼ失っています。また、JR貨物においても、後継となるEH500形電気機関車やEF510形電気機関車が導入されて以降、その増備に伴い本形式は徐々に淘汰されつつありますが、九州地区では貨物の牽引をよくしています。
500番台について
塗装は車体上部が濃淡ブルーの塗り分け、車体下部がライトグレー、運転室側扉はローズピンクのJR貨物標準配色である。
EF81機関車
ひまわり畑を走る貨物列車EF81機関車牽引
EF81機関車
街中を走る貨物列車EF81機関車牽引
EF81機関車
桜の頃の貨物列車EF81機関車牽引
EF81機関車
夏山と貨物列車EF81機関車牽引
EF81機関車
イチョウ並木と貨物列車EF81機関車牽引
EF81機関車
イルミネーションと貨物列車EF81機関車牽引
EF81機関車
雪の季節の貨物列車EF81機関車牽引
電気機関車
EF81-502電気機関車が牽引する貨物列車


応援してね→


トップページへ

inserted by FC2 system